おっちゃんの 自由な毎日を綴った ブログです
by oxtuchann
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2010年 12月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
メモ帳
新MINT旅行記
MINT旅行記の詳細版で放浪派のお役にたつことでしょう

COZY AMAZING+
学術ですが、ステキな楽術されてます

haru日記
肩肘張らずにソフトな表現で弱者問題を考えさせてくれます

猫まんじゅう。
癒されますよ~ こんな生活大好きです

さわこ の Wandering The World
旅に出よう そう思ったときは さわこさん の Wandering The World

HARMONIA
弱者を応援する作家 寮 美千子さんのホームページです 

COZY NEW STYLE
不撓不屈の精神なんです それも自然体なので 温かい日差しのようです 元気づけられます 

どこやねん?グアテマラ!
中南米旅行の達人 きょきーとさんのホームページです
中南米に興味がある方にとってバイブルとなることでしょう
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


今年の思い出

旅のエキスパートSさん と 旅好きさんの皆さん そして 私です
d0096413_1935463.jpg


年末に Uさんが上京されたので Sさんと旅好きの皆さんが 都内の とある西アジア風レストラン( 居酒屋? パブ?)で ワインとジュースそしてチャイを飲み 旅の談義 いいですね! 

私の今年で ☆とっても良い思い出☆ と なりました

d0096413_19565171.jpg


飲んで! 踊って! 話して! 楽しむ皆さん でした

d0096413_20545699.jpg



旅を 共通の趣味に している  明るく素敵な人達です

国境も 宗教も 肌の色が 違っていても 一つになれるのです

  ☆私は幸せだな~☆

このブログは引っ越したけど ♪ウキウキ楽しかった♪ ので ちょっと だけ UPしちゃいました  
[PR]
# by oxtuchann | 2010-12-31 20:16

パキスタンでの洪水被害

パキスタンで カラーシャ民族文化の保存継承活動されている わだ晶子さんが パキスタン洪水被害の復旧支援金を 望んでいらしゃいます。 

皆様に このことについて 関心を持って頂けましたらと 思いました。

以下は わだ晶子さんのブログからの 抜粋です。


緊急支援のお願い2010年8月27日

8月6日の大鉄砲水

 8月1日に足止めされていたギルギットから軍のレスキュー貨物機でイスラマバードに連れて来られて、ラワルピンディに3泊、イスラマバードに2泊した。その間毎朝、空路でチトラールに戻るために早朝5時台に空港に行き、チェックインした挙句にフライトキャンセルが続いた。8月6日、イスラマバード空港ですでに雨だったので、どうせ飛ばないだろうと思いながらチェックイン。それが1時間の遅れでチトラール行きの飛行機は離陸した。悪天気で空中でとんぼ返りして引き返す可能性があるのでハラハラの中、飛行機は雲の多い中を南西に向けてコハート、ペシャワールの上空と遠回りしてチトラールに到着してくれた。この瞬間はほんとうに心から喜び神に感謝したものだ。

流された村の入り口のジープ橋  チトラール地方も各地で洪水、土砂崩れの被害が出ている中で、ルンブール谷は道路が一カ所崩れているだけで、ほとんど大丈夫という話だったので、ほっと安心、余裕の気持ちでこの日の午後遅くルンブールに向かった。それがそれが!ちょうどボンボレット谷とルンブール谷の分かれ目であるチェックポストの手前に差し掛かった際に、轟音と共に、大量の丸太や生の木を巻き込んで荒れ狂いながら谷川を下ってくる鉄砲水と遭遇してしまった。我々は荷物もそのままに車を降りて、チェックポスト前に避難するが、チェックポストの発電所も目の前で流され、ボーダーポリスたちも身の回りの物を抱えて建物から飛び出してくる。ルンブールに通じる道路も土砂で覆われている。

 道路の真ん中でムスリムのボーダーポリスが大声でコーランを唱えている。こんな大規模な鉄砲水だったらルンブールでは大被害が出ているだろうし、人が流されてるかも知れないという心配と、道に唖然として突っ立っている我々も流されるかも知れないという恐怖で顔が引き攣る。グリスタンは完全にパニックに陥って泣いている。たまたま居合わせたボンボレットのカラーシャが、「ルンブールに行くのは無理だから、うちにおいで。うちには電話もあるから、ルンブールの状況をきいてみよう」と連れていってくれたが、状況確認するにも、ルンブールには電話線も携帯電話塔もないし、ボーダーポリスの詰め所の無線も電気がなくて動かないらしいので、確認しようがない。

 翌朝、チェックポストまで送ってもらい、ルンブールに泥で浸かった道路を大変な思いをして徒歩でどうにか戻る。橋という橋はことごとく流されていた。ジープも渡れたバラングル村の手前の頑丈な橋も流されてしまったので、村に戻れず、この夜は下流のカラーシャの客室に泊めてもらった。

 翌々日にバテット村の下流に角材一本の橋が架けられたので(その橋まで行くのに、ぬかるみと岩だらけの河原を横切るのがまた大変だった)、その橋を渡って山の中腹を大きく遠回りをしてようやくバラングル村にたどり着くことができた。 

 8月6日には雨も降っておらず、まさかこんな前代未聞の大規模な鉄砲水が起こるとは誰も思っていなかった。谷の主な5つの橋は全部流され、4カ所の発電所のうち小規模な2つは完全に流されるか、泥の下に沈み、私たちの発電所は寸前のところで泥に浸からずに済んだものの、発電用の水路はかなりのダメージを負った。つい2ヶ月前に設置したばかりの泉から引いた飲料水のパイプも流され、粉引き小屋の水路もごっそり決壊してしまった。収穫を前にした多くの畑が流されるか土砂を被ってしまった。こんな状況の中で家屋がぎりぎりのところであまり流されず、そして何より人的被害がなかったのが幸いだった。

その後の復旧は?

 8月6日の鉄砲水の後は、男たちが率先して臨時の橋を架けたり、水路の修復作業に赴き、なかなか頼もしいものを感じていたが、8月12日に、バフック湖の下流からの、前回とは別な鉄砲水が起きて、仮の橋がまた流されたり、修復中の水路が壊れたりしてからは、志気も失せたようで、みんなで一気にやってしまえばできそうな作業も中途半端で滞っている。ジープが通れた橋の修復は、チトラールの役人が来て「ルンブールでの作業を優先して、5、6日で元通りに造り直す」と広言したので、そりゃ無理だろうとうすうす思いながらも期待して、村人たちは橋に使う角材を寸法通りに切って準備しているのに、あれ以来音沙汰なし。

 チトラールにも政府や軍の救援物資が届いているということだが、軍のヘリコプターはたいした被害が起きてないボンボレット谷に救援物資を積んで何度も往復したり、ルンブールへの救援物資は被害がなかった高い尾根にあるカラーシャグロム村に持っていかれたとか、いつものことながら、必要としている人へ必要な物が届いてない。棚ぼた的な気持ちで援助物資をもらう人たちに与えるのなら、はじめから援助物資などない方がよっぽどいいと思う。 

バラングル村と発電所が消滅する?

 昨年のことだったか、村の人が「大きい鉄砲水が来れば、このバラングル村は流される恐れがある」と言ったことがある。私は「そんなことがあるはずないでしょ」と笑って終わらせたが、今回の

鉄砲水の爪痕を見て、「確かにあり得る」と納得した。村の一番上流にあった一軒の家は流され、そのそばを通っていた粉引き小屋の水路はすべてえぐり取られて、川の水の流れがぐっと村側に来てしまった。その上に、鉄砲水が運んできた膨大な量の土砂や岩石で、川底は1~2mほど高くなっているので、村と水面の距離は極端に縮まっている。今の状態で今回のような鉄砲水が来れば、村は一環の終わりだろう。

 唯一、村を守る方法は堤防だ。石を積み重ねワイヤーで固定し、セメントで固めるものだが、およそ200mほどの村の長さに沿って堤防を造れば村は守れるはずだ。堤防建設は水量が少なくなる秋に行わねばならないので、今から準備にかからねばならない。

 同じく2004年に日本政府の草の根援助で建てた水力発電所と水路に対しても堤防が絶対に必要だ。この発電所は川から比較的遠い場所に建ててあったが、今回の鉄砲水で発電所の周りの畑や草地はすべて土砂の下になった。発電所は寸前のところで土砂からまぬがれたが、前述した通り、川の流れが変わっているし、川底が上がっているので、普通の規模の鉄砲水でも私たちの発電所は流される可能性は非常に高い。水路の修復は男たちが力を合わせてできるが、発電所が土砂に浸かると、予算のおよそ8割を当てて注文した発電機やタービンなどの機械が壊れると、もう村人の手に負えない。この発電所を守るのも上の方に70mほどの堤防が必要だ。

 私はすぐに、8月13日に日本大使館に緊急援助の要請のファックスを送った。初めの回答は無理だということだったが、後日、洪水の被害に関連した被害地のリハビリについて、草の根援助でも優先的に支援していくことになったという知らせを受けたので、「バラングル村およびその周辺、そして発電所を守る堤防建設プロジェクト」を正式に申請することにした。


緊急支援金のお願い

 しかし、日本大使館の草の根援助プロジェクトが認可されるかはわからないし、認可されるまで時間もかかる。危険な箇所には応急処置をしておかないと大きな被害になってしまう。そこで、その作業のために私たちのNGOで海外の友人に声をかけて支援金を集めることにしました。経済状況が落ち込んでいる日本の中でのお願い心苦しくはありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 私たちのNGOの口座は以下の通りです。

銀行名; The Bank of Khyber, Chitral branch, KPK, Pakistan

口座名; Rumbur Development Welfare & Conservation Society, Power House Project

口座番号; PLS 7023-6

(注:上記の口座は発電プロジェクトの際に開いた口座ですが、私たちNGOの口座です)

詳細は下記の「わだ晶子さんのブログ」を ご参照願います。
(http://kalashapakistan.jimdo.com/2010/08/27/%E7%B7%8A%E6%80%A5%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84/#permalink)


そして おっちゃんの 新しいブログは
このアドレス(http://ameblo.jp/korokorohitori-3/)です
[PR]
# by oxtuchann | 2010-08-28 19:15

このブログは セキュリティーが不安です 移転します

このブログに 第三者が広告を書き込みます 

そして セキュリティー対策がされている場合は 広告をブロックし表示しないようです

しかし 私のパソコンは 広告を表示しています

セキュリティーに不安があります  

私でも安心してブログが続けられる場所を探して ブログを再開したいと思います

このブログで 最後の一言です

皆さん 映画鑑賞券や宿泊券そしてテレビ等 その他商品の当選商法には注意しましょう!!
[PR]
# by oxtuchann | 2010-07-11 19:42

     漓  江

d0096413_2231980.jpg


桂林は なんといっても やはり これでしょう

漓江を船に乗り ゆった~り のんび~りと 川下りをするのが 良いですよね



空気も良いし 好い景色です!
d0096413_2265290.jpg

心が 落ち着きます

d0096413_22315489.jpg
d0096413_22323283.jpg
   


ところで 私は 下記の広告は 絶対! クリックしません!!
[PR]
# by oxtuchann | 2010-07-09 22:14

腹を立ても しかたが ありませんね

このブログは 民放テレビと同じ でした

7月1日より 広告の強制掲載で 無料となる のでした (不勉強)
でも 私は 絶対このブログに強制掲載された広告を クリックしません!

そして 諦めは 早く! ですね


d0096413_1637927.jpg


気分直しに 両江四湖ナイトクルーズです  夜景は まるで別世界へ行ったように 煌めいています
d0096413_1640734.jpg

この夜景に ノンアルコールでも 酔ってしまいました
[PR]
# by oxtuchann | 2010-07-08 16:46

このブログ内 の 広告は 大変不快です!!

私のブログに 『広告』が 書き込みされました 全く 不愉快です!

広告は ブログ画面の両サイドに 留め置くべきでしょう
ブログ中央に 『広告』を 圧し込こまれて 大変迷惑してます 

私は 絶対に! クリックしません!!
[PR]
# by oxtuchann | 2010-07-06 16:41

国家て 関係ないは 錯覚かな?

今朝の散歩は いつもとは…    だ い ぶ 違いますよ!

中華人民共和国は 広西壮(チワン)族自治区の 桂林市濱江南路15号の地先を 散歩してきました
d0096413_1534358.jpg


通称 「老人ディスコロード」と 呼ばれている そうです
d0096413_15362228.jpg


勿論! 私も 仲間入り です☆
d0096413_15384075.jpg


敗戦後の国際社会では 米国の1州のように思われている日本国ですが この頃 冗談のように中国の皆様が「日本を 中国の1自治区にしてあげるから 心配しないで!!」と 
おっしゃって いるとか いないとか…

中国でも 米国でも その他の国であっても 国家体制が 成熟さえ していれば
庶民は 幸せに暮らせるのでは と 今朝の散歩で 感じましたが

それは 私の錯覚なのでしょうか…?
d0096413_1559413.jpg
    
[PR]
# by oxtuchann | 2010-07-04 15:59

サッカーの観戦が 楽しい のは?

ワールドカップに出場している 岡田ジャパン は 素晴らしい ですね

岡田監督への 掌を返すような マスコミの扱いは 世間を写す鏡かもしれません 
出世する人は 親戚が多くなり 逆に落魄れた人の親戚は少なくなる のと同じようですね

世間の人は 『勝ち馬に 乗りたがる』から はしゃぎ騒ぎ楽しい のですね

菅さんも G8 そして G20 に出席していましたが マスコミの評価を気している姿が どうも 気になります
世間やマスコミなど 気にしないで 彼が 草の根運動(学生運動)や市川房枝さんの下で 培った政治信条で 発言行動すれば 良いのに と思ってしまいます

NHKで 面白い放送を していました 日本海軍で偉かった人達の「反省会の記録」とか…
d0096413_6474629.jpg


よくね 「平和を祈ります」とか「戦争はしてはいけません」とか耳にしますが…
でもね 戦争を否定的に論じるのは 必ず『負けた戦争(太平洋戦争)』のこと ばかりです

勝った(勝ってしまった?)日清戦争や 第一次大戦 そして 日露戦争については!
マスコミは いつも肯定的では ありませんか 

これは 戦争について 「負け戦」は「戦場兵士の目線」で論じ 「勝ち戦」は「軍令部士官の目線」で 論じているから でしょう

それにしても 沖縄には米軍 竹島には韓国軍 北方四島にはロシア軍 ですものね

日本の領土が 侵略(敗戦後の既成事実)されていることを 黙認し平和を論じるとき
勝ち馬に乗りたがる世間の人 が そのことは考えないことにするてッ! いつまで 黙認できるのでしょう 
[PR]
# by oxtuchann | 2010-06-28 21:34

タイに 何故 いるの?

日本の友人は 不思議がり そして 理由を 知りたがります

私の場合は いたって簡単な 理由からです

『とても安全で! すこぶる快適な! 「都市生活」を 楽しめる』から なのです

d0096413_19461847.jpg

フォチュンの地下街にある フィシュスパで 世間話をして

d0096413_1948426.jpg

ブラリと 歩けば 美しい微笑み が 街に 溢れています

d0096413_19513698.jpg
 
スクンビット ソイ22 の May Massage では 常連になりました

 
 
[PR]
# by oxtuchann | 2010-06-26 20:13

Gara Gara Gashan! Gashan!

映画を見ようとして ラチャダーでタクシーを降りて歩道を 歩き始めたら

突然!  鉄骨がぶつかり合うような 大きな音が 聞こえました

d0096413_1681436.jpg


事故でした トラックの荷物(鉄パイプ)が 落ちた音 でした

でも 落ちた先が いけません

前方のタクシー めがけ 落ちて(飛んで) きたのです
d0096413_16143663.jpg


不幸中の 幸いです ケガをした人 は 誰一人も いませんでした
d0096413_16174563.jpg


でも 人間どこで 事故にあうかは 誰もわかりません

正に 一寸先は闇 を実感させらる 瞬間でした

美味しいもの を さきに食べる人 あとで食べる人  いろいろ いらしゃいますが
私は この事故を 目にして さきに食べる人の心理が 理解できるよな気がしてきました
[PR]
# by oxtuchann | 2010-06-23 16:34

いつもの朝は 散歩から

d0096413_11345986.jpg

暑かったインドの旅疲れは ここバンコクで 癒すことが できました

爽やかで静かな木陰道(Sukhumvit Soi Ton son) 40分ほどの軽い散歩を いつもする いつもの道です

バンコクは 老いていく私にとって いごごちのよい まち のように思えます

d0096413_11494962.jpg


住むことは 借りることでできますが 外国人でも土地を買えるようになると いいですね
[PR]
# by oxtuchann | 2010-06-19 12:00

Love Beautiful BKK

ことば が ありません  
ことば など あわつぶ でしか ないようで むなしい です

きずついた BKK

d0096413_2282166.jpg



デリー から バンコク に もどっても なにも わたし は できません

       しかし… 

タイの地で 直向きに生きて暮らす 皆さんは 美しく輝き 微笑み は 消えていません
d0096413_2215523.jpg
 
[PR]
# by oxtuchann | 2010-06-15 22:15

トゥキュディデスの 『戦史』を 読んで下さい

d0096413_18195056.jpg

寝台列車の旅は 夜の睡眠時間を有効に活用して 経費も効果的に節約にできます

そして 宿泊するホテルも また同じです 

それなりの格安ホテルは 突然の『停電』も安心です 『蝋燭』が備えられていますから☆
d0096413_18322889.jpg


ティラカを額にすると 旅の気分が盛り上がります インドを満喫してます!
d0096413_18564821.jpg
 

インド旅行とは 関係がないのですが 気になります日本のことが

トゥキュディデス は 古代の歴史家です

私が 鳩山首相さんに 読んでもらいたい『戦史』を 後世に残してくれました
アテネの同盟国コリントとアテネの関係の記述が 日本と米国の軍事同盟関係を学ぶのに最適な歴史書のように 思えます 
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-31 19:19

6月5日 横須賀へ 

横須賀には 米海軍基地が あります

原子力潜水艦の 寄港熱烈歓迎の為でもなく 寄港反対をするのでも ありません

友人が結婚式を 6月5日に横須賀で あげるのです
それで 私は おもっいきり お祝をするために 横須賀へ行く予定を立てています

新婚旅行は 世界一周☆ まさに旅の達人らしい 新婚旅行です

6月5日は 友引ですね 

いいですね 友引の日にお祝い事があると 幸福が私にも… なんて期待して  
しかし 私の場合は 年々遠くへ さらに遠くへ 霞んでいく… 幻


アグラでは 幻のように霞むタージ・マハルを 観賞できました
d0096413_728729.jpg

[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-29 08:21

445年前に築造された アグラ城

d0096413_14504348.jpg

赤茶色の城壁は 岩が元々赤茶色だからだそうです

d0096413_1552149.jpg

アマル・スィン門から インド人観光客の皆さんと 一緒に入城しました



城の中は 緑が多く 公園のようです
d0096413_15182256.jpg



城の外では また インドで爆弾テロが 起きたようです



どうしてなんでしょう 「主張」する方法として 「命までもを奪う」ことを 『正義』と信じてしまうのか?

物事を 判断するには バランス感覚が 大切ですよ!

鳩山さんが 勉強したそな「米国の抑止力」についても 一方の見方だけの勉強では いけませんね

沖縄の米軍基地は 「竹島」に駐屯する韓国軍にとっては 日本に対する「抑止力」でもあると 言ったら 笑う人は バランス感覚が ありませんね

同様に ロシアの「北方四島」にも 中国の「尖閣諸島」にも 米軍が日本国を抑える『抑止力』であると いうこと

信じなさいとは 言いませんが そういう見方もあることが 認識できる ☆バランス感覚☆ も 大切だと 思うのです

※ちなみに 一口メモです
「軍事情報に関する一般保全協定(GSOMIA)」(http://mainichi.jp/word/archive/news/2007/05/20070502ddm001030074000c.html)を 米国は 韓国や英・仏など 主要国とは締結済みでが 日本とは締結していません
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-28 16:04

ファーティブル・シクリ

遷都僅か14年で 棄てられた都が ファーティブル・シクリでした
d0096413_15541458.jpg


原因は 水不足 と伝えられています

d0096413_15561979.jpg


この都を棄てた ムガル朝第3代皇帝アクバルとは どんな人間だったのでしょう
d0096413_1613618.jpg
宮殿は イスラムの様でもあり ヒンドゥーの様でもある 建築様式です

d0096413_1610162.jpg






貴賓謁見の間に立つ 装飾された柱です




時代は 変わっても 人の為すことは 変わらないような気がします

人は 権力を得ると 皆同じ ことを するから

生きているときには 権力無き側の者は善人で 権力有る側の者は悪人と 処される

ところで…

「最低でも県外」を「出来るだけ県外」て 言い換えたこと 聞き流してもいいのでしょうか?

白紙に 黒ペンで ま~るい 輪を 描き
その輪の 中心に 赤ペンで 赤点を 打ちます 

そこで 「赤点」を 「最低でも円外」へ移すのと「出来るだけ円外」へ移すこと
は 同じ意味でもなければ 少しの違いでもない ですよね
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-27 16:42

誰が させた!  窓拭き少年

d0096413_18485643.jpg


車に近づき 強引に 窓を拭きはじめる 少年が います
窓を拭くのは 2~3秒 です

そして 窓を叩いては ドライバーに 窓拭き代金を 求めています  
d0096413_18573032.jpg


  車 から 車へ 車の間を 縫うように走り

  小さな体が 車の陰に隠れては また 現れる

  なんと危険な こと でしょう

  車に轢かれてしまう確率は 99%以上!

d0096413_1944791.jpg



少年は 家族のため?   誘拐された 奴隷少年?
少年の生活環境が どうなのか 全くわかりませんが 

これは いけません!

私は 子供の労働を 全否定するのでは ありません
技術の習得や 社会性を培うには 学校教育だけでは不十分であり むしろ 労働から学習することの方が多いかもしれません

しかし これは いけません!  少年に身近な大人達が 直ちに止めさせてください!!

インドの未来を担う 将来有る少年に こんなことを させては いけません 
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-25 19:35

抑止力が分って 米国と交渉してますか?

大砲です 古くて撃てないでしょう でも 大砲を 目にすると 腰が退けますね
d0096413_22231387.jpg



これを 「抑止力」とでも 言うのでしょうか

「最低でも 沖縄県外」と言っていた人は 鳩山首相でしたが…

『米軍』は「抑止力」と 分かったとか
さらには 「米国と韓国と協力して 日本は先頭を切って云々」などと
言葉に しているようですが…

現実に 米軍は「抑止力」になるの? 

 本当 かな~?

無知 無能な 私が 思い浮かんだ 珍妙なる愚案ですが…

沖縄の米軍基地は『竹島(韓国名は独島)』へ移転させる!! この案で外交交渉しましょう
お蔵になっている「日本の世界最高技術のメガフロート」で 海上滑走路が可能ですよ
まあ~ 『竹島』(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/)だけでなく 
『北方四島』(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo.html)と 
『尖閣諸島』(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/)にも 分散移転しましょう
そうすれば官邸の一案でもある 米軍海兵隊が其々の島を移動して訓練することも できますね

◎韓国には 米軍が独島を日本の侵略から守る 『抑止力』になると 説明できます
◎米国には 米国と日本との同盟深化の顕在化 『抑止力』になると 説明できます

☆しかし 「竹島」や「北方四島」と「尖閣諸島」への 米軍基地移転案では 米国は 韓国そして ロシアや中国との 米国の国益の方を 日本の国益よりも 優先するでしょうから ルーピーと冷笑されますね  

『日本国の領土』を 守る 『抑止力』とは…

ほら な~んとなく 『米軍』が『抑止力』とは 何であるか が 見えてきませんか?

大切なのは 私達の 国際感覚ですよ

日本国を 守るのは 私達なのです 米国では ありません
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-24 00:12

   事業仕分てッ! 納税者一人の つぶやき

   働く人です
d0096413_1942335.jpg


   そして また 働く人達です
d0096413_1953942.jpg


タイヤの山が 擦り減り無くなっても交換せず トラクターを使い続け働く人です
d0096413_199732.jpg


   人は 額に汗して働き 税金を 納めています

 だから 税金の 使い途 使い方 は 『最小の経費』で『最大の効果』が得られるように しなければならない のだそうです

 しかし 税金は 〈最大の経費〉で 〈最小の効果〉と なってしまうのは なぜ でしょうか?


私は 「法律が そう為る様に 定められている」から と思うのです
つまり 『法律を改正する』ことで 解決できると 思うのですが…

例えばです

今話題の 「事業仕分」(http://www.shiwake.go.jp/)は 内閣府が所管しています

総務省には「行政管理局」(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/index.html)と
「行政評価局」(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/)なる『権限の無い』内部部局があります

この総務省が所管する 「行政管理局」と「行政評価局」を『権限の有る内部部局』に『法改正』を すればよいだけ のことです

どうしても 内閣府で権限を持ちたいのなら 総務省から所管替えすればよいこと でしょう と 私は思うのですが…
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-21 20:24

ビルラー寺院 が 見える ジャイプールを 街歩き

d0096413_7154572.jpg

ピンクシティーと呼ばれるように 街の景色は 茶色がかったやや桃色ですが ヒンドゥー教寺院のビルラー寺院だけは異なるカラーで 自己主張しているかのように みえます

この街に暮らす人々
d0096413_7282992.jpg


また 同じように この街に暮らす人々の 姿を 見ていると
平凡に 暮らせること が 人間にとって 最高の幸せなのかな と思ってしまいます
d0096413_731599.jpg


タイでは バンコクばかりか 地方へ騒乱が広まって いるようです
報道される度に 死者も増えるばかりです

地方から デモの日当につられて参加してしまう 経済的弱者が「被害者」になっています 
また 治安維持部隊の兵士も同様です 経済的弱者が徴兵され 兵士となり 治安維持部隊にされているのです
早く経済的弱者同士が 戦わされていることに お互い気付いて下さい

人々が タイで平凡に暮らせるように気付き お互いの行動に反映させましょう  
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-20 08:12

山道を 乗合ジープで  アンベール城へ

d0096413_21391155.jpg

 一般謁見の間
d0096413_21535546.jpg

鏡の間
d0096413_21581259.jpg



も~暑くて! 暑くて! 少しでも日陰を探す アンベール城観光でした
d0096413_2245310.jpg
d0096413_225193.jpg


暑いインドでは 肩から掛けた水筒が 大変役立ちました

来月から 私はバンコクに戻る 予定なのですが…

Kちゃんから ホテルや観光の手配は まだ していないから 予定を変更したほうが良いと 勧められました  

外国人は少なく 今観光できるのは タイ人の観光客ぐらいだそうです

私見ながら タクシン元首相さんは タクシン元首相さんからの活動支援資金を 高級車を購入にしたり 1億バーツの私的預金にしたりする 幹部達が指揮をする反政府活動を支援するよりも カンボジア政府から経済顧問として身分が保障されたのだから ベトナムに支配されているカンボジア経済を カンボジア人の手に戻すために お使いになった方が 母国タイに戻る 近道になると思います
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-18 23:36

今も マハラジャが 暮らすシティ・パレス です

d0096413_11404559.jpg
立派な髭の守衛さん は サービス精神が満点でした

気安く写真撮影にも 応じてくれます



                   シティ・パレスの 貴婦人d0096413_11463547.jpg





d0096413_11554382.jpg


マハラジャの 御好意ですね

私のような 貴賓でもない者でも 貴賓謁見の間(ディーワーネ・カース)に 入れます


ところで インターネット(YouTube)てッ!! すごい☆

日本の国会での 出来事が インターネットで 「知る(見る)」ことが できました
(http://www.youtube.com/watch?v=SmoIiHl17w8)
日本の国会での 出来事を 世界中で 日々次々と 目撃者が増えて いるんですね~ 

『百聞は一見に如かず』とは 正に このこと かな

私も 目撃者の一人と なりました
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-17 12:33

ジャイプールの お土産を 買いました

d0096413_22441792.jpg
ジャイプールの お土産は宝石! と 聞きましたが…


…しかし





d0096413_22471117.jpg


私は 目利き力など 全く無し! 宝石の善し悪し が 分かりません

ルビーに エメラルド そして キャツアイ・サファイヤ などなど 
1カラット は 0.2g で 5カラット は 1g なんだとか 色々教えて頂きました
「へ~ ほ~ はい はい そ~うなんですか」と 無知な私には大変勉強になりましたね

でも しかしですね

観光客に勧めるお土産品ですから おそらく 適正価格の10~2 30倍 かも? 

私は 「見るだけ」 が 無難でしょう

d0096413_233316.jpg 

そして…

私でも買えそうな 無難なお土産は 衣料品かなと思い 母へのショールを買いました 
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-16 23:25

  風 の 宮殿

d0096413_21275719.jpg









ジャイプールの観光は  まず 風の宮殿です


窓からの 風通しが 良いので 風の宮殿と 呼ばれたのかな?
d0096413_21355546.jpg





ジャイプールの市民 は 忙しそうに 風の宮殿には 目もくれず 歩きすぎて行きます
d0096413_21441097.jpg


足を止め 見上げているのは 私のような観光客ぐらいです
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-12 22:08

村人の等質社会 から 市民の格差社会へ 

d0096413_203861.jpg

※ 喜 怒 哀 楽 ※ 世界中どこでも 人間は 感情に動かされます

その感情は 人口密度に 正比例して増幅される ように私は思います
一言で表せば  都会は 刺激が強い! ですね

インドで生活するのは 厳しそうです 格差が すごすぎます

ジャイプールの観光で お世話になった Rさんと娘さんのTちゃん です
d0096413_2056128.jpg

Rさんは 家事をすることは ほとんど無いそうです
何故なら 住み込みのメードさん が 何人もいるから なんですね

Rさんのお宅にいると インドで 暮らそうかな と 思ってしまいます

しかし…

「騙される方が悪い」が 常識である 生存競争の厳しいインドでは 私など 3日もしないうちに 無一文に されてしまうでしょう

やはり 旅人の身分が 一番ですね 
 
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-11 21:25

ジャイプール への 埃で霞む 道でのことです

d0096413_836789.jpg

詳しくは あまりにも情報が少ないので 分かりませんが
ジャイプールへの バスルート(整備された良い道路)では 政治的なデモが行われているようです

そして バスは そのデモを避けるため 観光コースには載らない未知の道 を 走ります
d0096413_934867.jpg



☆ インドでは バスで 乗馬体験が 出来ました ☆

両手で 手摺をシッカリ掴み 弾む! 弾む! 体が宙に浮きます!
座席から体が 舞い上がり 転げ落ちそう! 頭が 車の天井に ぶつかりそうになります 

まるで 馬の背中で 弾んでいるようです

d0096413_9163561.jpg

私の 足と 頭は 座席上で 水平に!!

とうとう 私は 座席に 寝て しまいました
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-10 09:23

ジャイプールの北西  マウアです

マウア は 何もない!
 
でも 北インドの普通の生活を 体験できます

行き交うトラックの中で ロバを上手に操り荷車をひく 少年に 出会いました 
d0096413_616259.jpg


砂漠の舟ラクダ も 荷車をひいて ゆった~り 行き過ぎていきます 
d0096413_624576.jpg


そして 山羊の群れとも 一緒に歩けます
d0096413_6264760.jpg


5月5日 は 子供の日でしたね 水汲みをする 村の子供です
d0096413_6301227.jpg

日本では 子供の親が 国の借金で配る 子供手当を得るようですが 親は嬉しいかもしれませんが 
その国の借金は 間違いなく利息も加わり 子供が 背負うはずです

水を汲んでいた子供と どちらの子供に 『明るい未来』 が あるのかな??? 
 
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-05 06:53

軽快なインド舞踊 に みとれてます

d0096413_19533042.jpg


ホテル の もてなし は 民族舞踊でした しかし シャッターを何度も押したのですが

d0096413_19555076.jpg


ピンボケになって 上手く撮れません

d0096413_19571865.jpg


水瓶を 頭の上にのせて 軽快に リズムよく踊れる インドの女性は 凄い!

この踊り は ラージャスターン州に伝わる チャーりという民族舞踊だそうです

容姿も 衣装も 綺麗でしたよ

私の撮影技術 と カメラの性能が もっと良ければ 美しさを伝えられたのですが…
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-03 20:13

タージ・マハール にて 言葉までをも失う 感激

d0096413_239475.jpg


さらに 近くへ 歩みます


d0096413_23104580.jpg



 記念の写真を 撮ってもらいました
d0096413_2313448.jpg



この場所に 生きて 立てた ことだけで 感激です☆
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-02 23:17

     高さ72.5m クトゥブ・ミーナール

d0096413_11222328.jpg

デリーから 南へ バスで30分ぐらいで クトゥブ・ミーナールに つきました
d0096413_1126097.jpg




  高い!   高さが72.5mも あります

この塔は イスラム教徒の王様が 800年ぐらい前に 戦争勝利記念に 建てたのだそうです

d0096413_11284799.jpg

装飾模様のように イスラム教のお教が 彫刻されていました

外国人よりも インド人の観光客が 多かったですね
d0096413_11332471.jpg


驕れる者も久しからずでしょうか 建設途中で放棄された 塔がありました  
d0096413_11451710.jpg


d0096413_11523487.jpg


ホテルへ 帰ろうとしたときです!

インド美人が 私に向かって 走ってくる?

…と 思ったら 



友達と 鬼ごっこのような 遊びを していた
だけ でした
[PR]
# by oxtuchann | 2010-05-01 12:02